組織管理プロセスにおける変動性の概念

組織管理プロセスにおける変動性の概念

出典: 石炭鉱業の危機と現代経営理論 ネツヴェターエフ アレクサンダー グレボヴィッチ、ルバニク ユーリ ティモフィーヴィッチ、ミハルチェンコ ヴァディム ウラジミロヴィッチ / ケメロヴォ、クズバスヴジズダット、1998 年、92 ページ、ISBN 5-202-00323-4、BBK U9(2Ros)30 5 .651 、N38

記事への自由なアクセスは、記事に含まれる資料の価値を決して減じるものではありません。

長期計画の策定、目標、予想されるマイルストーンなどの定義は、すべてのマネージャーにとって重要かつ必要な職務です。この場合、プロセスとシステムの要件は、上位組織のタスクまたは市場の制限から発生します。ただし、タスクを設定するときは、システムに関して、これらの要件は外部のものであり、システムの現実や、特定の瞬間に提供または生成できるものとは何の関係もないことに留意する必要があります。

マネージャーが変動性の概念を理解せずに活動を計画すると、計画されたタスクを部下に真の現実として定義し、部下にこの現実に従うよう要求することになります。

労働者が上から設定された基準を満たしていない場合、ボーナスは剥奪されます。部門が設定された計画を達成せず、計画された予算に適合しない場合、この部門の責任者も何も良いことを期待していません。

同時に、システムのパフォーマンス指標(生産量、コストレベルなど)が変動の一般的な原因の作用のみによって決定される場合、望ましい結果を達成し、それによってシステムの潜在的な能力を実現する唯一の方法になります。安定したシステムとは、システム自体を変えることです。しかし、システムを変えることができるのはリーダーだけです。この点において、従業員や下位の管理者に「計画の確実な実施」、「必要なマイルストーンの達成」を求めることや、組織としての結論は何も変わらないどころか、状況を悪化させる可能性があります。デミングは、この種の制御を安定したシステムの運用における「介入」と呼びました。この介入は、パフォーマンスの低下は変動の特殊な原因の表れであるという管理者の誤った仮定に基づいていますが、実際には観察された逸脱は、安定したシステムに潜在的に内在する一般的な原因の作用によって説明されます。 W. デミングの結論によれば、これは高くつく誤解の一例です [デミング W. E. 危機から抜け出す方法。 P.501]。

変動の一般的な原因の影響下での安定したシステムの動作における干渉の破壊性を説明するには、実験の説明を参照してください。 赤いビーズ付き そして ファネルとターゲット 。 – S.P.グリゴリエフによるメモ

システムやプロセスの機能を改善するための一般的な行動原則は何でしょうか?管理者は、プロセスの個別の個別の症状に反応する必要があるのか​​ (これは、プロセスが制御不能、つまり不安定な場合にのみ合理的です)、それとも機能した結果に関する蓄積されたデータに基づいてプロセス自体を変更することを目指すべきですか (プロセスが制御された状態、つまり安定している場合、何が合理的ですか?

時間内のアクションのシーケンスは次のようになります。

  1. 変動の特別な原因を排除することによってプロセスを安定化する (つまり、プロセスを制御された状態にする)。
  2. プロセス自体を改善する、つまり、ばらつきの一般的な原因を減らすための積極的な取り組み。
  3. 達成された改善を維持するためにプロセスを監視します。わずかな機会があればすぐに、追加の改善の実装を模索します。

管理図はアクションの各段階で重要な役割を果たします。最初の段階では、シューハート管理図が主要な診断ツールとなります。特殊なケースの原因に対処する必要がある場合に必要なケースを示します。管理限界外の点によって、いつ特別なケースを探し始めるかが決まります。

第 2 段階と第 3 段階では、管理図の目的は、達成された安定性の状態に悪影響を与える可能性のある特別な原因の出現を診断することです。

プロセスに変更を加えた後に管理限界を再計算することで、どのような成功が達成されたかを評価できます。