シューハート管理図
プロアナリスト +AI
Windows、Mac、Linux用

ロシアのソフトウェアの登録 (エントリ番号 18857、2023 年 9 月 5 日付け)

ソフトウェアを購入する

保存されたすべてのユーザー設定 (43 パラメーター) によるシューハート管理図とヒストグラムの自動更新機能

ボタン [シューハート管理図によるグラフの自動更新]

この機能は、選択したタイムアウトでチャートの自動更新を構成したり、カスタマイズされたチャートのリストを (ユーザーが適用したすべての設定を使用して) 使用したりする独自の機能を提供します。 データファイルの選択 前に データの合理的なグループ化 ) を使用すると、更新されたデータですぐに開くことができます。チャート グループの数とグループ内のチャートのリストの長さによって、そこに保存されるポジションの数に制限はありません。すべての作業中のチャート設定 (パラメーター) は、現在すでに 43 個あり、ユーザーによって作成され、リストの各チャートのプロパティに保存されます。

以前にリストに追加したチャートの設定を変更する必要がある場合は、自動更新コントロール パネルのドロップダウン リストからその名前を選択し、新しいチャート パラメーターを選択し、必要に応じて同じ名前で保存する場合は、[グラフの追加]ボタンをクリックします。を選択すると、グラフデータが上書きされます。設定に新しい名前を追加する場合は、[スケジュールの追加]ボタンをクリックする前に名前を変更してください。

すべての自動更新リスト設定はプログラムの SQLite データベースに保存され、プログラムの再起動時に自動的にロードされます。データ ファイルへのパス、画像を保存するフォルダーとその形式などの複数の変更については、プログラムを使用して SQLite でレコードを直接編集できます。 DBeaver コミュニティ (オープンソース版)

設定は意図的に保存されません スケーリング コントロールカードと デモの削除 ポイント(サブグループ)。

注意!
リストからチャートを開くたびに、選択したソースからデータが再ロードされ、ユーザーが保存したすべてのパラメータと設定が適用されます。データ ソース ファイルを追加する場合、ドロップダウン リストから選択するか、タイムアウトを設定した自動更新モードで新しいデータを選択すると、新しいデータがチャートに反映されます。

グラフがリストに保存されたときに考慮された元のデータを含むデータ ソース内の行を削除した場合は、影響を受けるグラフを再構成し、関数などのグラフをリストに再保存する必要があります。 管理境界の確保 または 個々のシリーズの制御境界の構築

ソース データ テーブルの最後に新しいデータを追加する場合 (通常のオプション)、調整は必要ありません。

シューハート管理図を使用した分析作業のためのプログラムのメイン メニュー。

図 1. メインメニュー。ボタンの上にマウスを置くとヒントが表示され、チャートの自動更新のコントロール パネルに移動します。

シューハート管理図を使用したグラフの自動更新のためのコントロール パネル。

図 2. シューハート管理図グラフを自動的に更新するためのコントロール パネル。タイムアウト値 (15 秒) が入力され、グラフのグループと自動更新リスト内のグラフが選択されています。アクティブ化されたチャート編集トグル ボタンの上にマウス カーソルを置くと、コンテキスト ツールチップが表示されます。

自動更新リストでシューハート管理図のグラフを編集します。

図 3. グラフ グループを編集するためのアクティブなトグル ボタンの上にマウスを置くと、コンテキスト ツールチップが表示されます。グループ内のグラフのリストをソートするボタン、グラフを削除するボタン、およびタイムアウトを設定してグラフの自動更新を開始するボタンは無効になります。

シューハート管理図でのグラフの名前の変更。

図 4. 自動更新リスト内のシューハート管理図を含むグラフの名前が変更されました。チャート名を変更するボタンの上にマウスを置くと、ドロップダウン ツールチップが表示されます。

シューハート管理図を含むグラフを自動更新リストに保存します。

図 5. シューハート管理図を使用してチャートに新しい設定が行われ、自動更新リストにチャートの新しい名前が入力されました。 [チャートの追加または上書き] ボタンの上にマウスを置くと、ドロップダウン ツールチップが表示されます。

シューハート管理図で更新されたグラフを記録した結果。

図6. [スケジュールの追加または上書き]ボタンをクリックします。保存が成功すると、確認情報ウィンドウが開きます。

自動更新リストからシューハート管理図を含むグラフを選択します。

図 7. ドロップダウン リストには、シューハート管理図を含む以前に保存したグラフの名前が表示されます。

自動更新リスト内のシューハート管理図を使用したグラフの並べ替え。

図 8. 選択したグラフ グループ内のシューハート管理図を含むグラフの [グラフの並べ替え] ボタンの上にマウスを置くと、ドロップダウン ツールチップが表示されます。

大きなリストを管理しやすいように、自動更新リストに従って並べ替え、検索、フィルタリングを行うためのウィンドウが提供されます。自動更新リストには制限がなく、すべての航空機部品およびコンポーネントのすべての主要な特性の管理図グラフを含めることができます。

シューハート管理図を使用してグラフを並べ替えるウィンドウ。

図 9. 自動更新グラフのグループ内のシューハート管理図を含むグラフのリストを手動で並べ替えるためのウィンドウが開きます。リストの長さが並べ替えウィンドウのサイズを超えると、リストの垂直スクロール バーがアクティブになります。

ファイルの移動または名前変更、ソース データを含むファイル内のシートの名前変更、自動更新リストのグラフの作成時に使用された因子の種類を含むデータ ソース内の列の名前変更 (プログラムによりこれに関するメッセージが表示されます)。たとえば、 点のラベル、または一連のサブグループの垂直区切り記号の選択 、または データの合理的なグループ化 要因のタイプごとに、新しい値を選択して対応するフィールドを調整する必要があります。その後、構成されたチャート タイプを同じ名前で自動更新リストに保存するか、未取得のチャートをリストから削除する必要があります。

シューハート管理図を含むグラフを自動更新リストから削除します。

図 10. 自動更新リストでグラフの名前が選択され、グラフ グループから削除されます。 [グラフの削除]ボタンにマウスを置くとツールチップが表示されます。

タイムアウト付きのシューハート管理図によるグラフの自動更新を開始します。

図 11. [自動更新の開始] ボタンの上にマウスを置くと、ツールチップが表示されます。

タイムアウト付きのシューハート管理図を使用したグラフの自動更新プロセスが開始されました。

図 12. シューハート管理図によるグラフの自動更新のためのコントロール パネル。選択したグラフのグループのグラフの自動更新が開始されました。 [Stop!]ボタンの上にマウスを置くとツールチップが表示されます。 [Stop!]ボタンの右側のインジケーターは、自動アップデートの総動作時間を[hh:mm:ss]の形式でカウントします。

[グラフィック形式で保存] チェックボックスをオンにすると、自動更新リスト内でユーザーが選択したグラフを参照するときに、グラフを自動的に保存できます。 フォルダーとファイルの種類、 たとえば、ベクター (PDF、SVG) または高解像度ラスター形式 (PNG、300 dpi) です。

この機能により、たとえば次のことが可能になります。

  • 保存する適切なフォルダーを選択することで、関係する従業員に管理図を含むグラフィック コピー ファイルを提供します。フォルダー自体にはアクセスを制限することができます。
  • 自動的に更新されるグラフィック ファイル (管理図のコピー) を企業アプリケーションに接続します。 CAD(キャド)- PLM- ERP- MES- LIMS システム 、リンクを通じて。

シューハート管理図を使用したグラフをグラフィック形式で保存します。

図13. [グラフィック形式で保存]チェックボックスにマウスカーソルを合わせるとヒントが表示されます。

部品の主要な特性を示すシューハート管理図のグラフを含む PDF ファイルへのリンクを備えた KOMPAS-3D のモデル。

図 13. 部品の主要な特性を示すシューハート管理図のグラフを含む PDF ファイルへのリンクを含む KOMPAS-3D のモデル。